法律相談は六法法律事務所まで、お気軽にお問い合わせください。

適確なアドバイスと迅速な解決をモットーとしています。

六法法律事務所 遺産相続 > 新着情報一覧 > 【遺産相続対策に大切な事】

2018.10.22 【遺産相続対策に大切な事】

▶ 一覧に戻る

こんにちは。

六法法律事務所の弁護士道本幸伸です。

私の得意分野は、相続、遺言、遺産分割等の相続全般です。

新宿オフィスにて、ご相談を承っております。

 

 

 

【遺産相続に必要なのは遺言書か?コミュニケーションか?】

 

遺産相続は、いつどのような形で生じるかは誰にも判断できません。

前々から時期を判断できる場合もありますが、逆に急逝するなどして準備が整わず、遺族が対応に追われるパターンも考えられます。

いずれにせよ、日頃から相続の対策は取っておく必要があるでしょう。

 

特に相続はトラブルが生じやすく、裁判へ持ち込んで解決するようなケースも後を絶ちません。

しかし、ほとんどの方がトラブルは避けたい・円満に解決したいと考えているのではないでしょうか?

 

遺産相続を円滑にするためには、被相続人が遺言書を残す手段もあります。

遺言書は法的な効力を有していますので、内容に従って財産の分割を行えば、トラブルを避けられることも珍しくないのです。

 

ただし、遺言書は規定の様式があり、もしそれに沿わなければ法的に無効とみなされます。

無効にならないためにも様式の重要性は高いですが、それよりも大切なことが日頃のコミュニケーションです。

 

被相続人と相続人が普段からコミュニケーションを取り合い、遺産の相続について話し合っておくことが必要です。

そうすれば遺言書がなくても揉めるリスクは避けられますし、トラブルが大きくなって裁判へもつれ込む可能性も低くなるでしょう。

遺産相続の対策には遺言書も重要ですが、お互いがコミュニケーションを取り、正直に話し合う場を設けることも重要と言えます。

 

【相談相手を見つけることも大事】

 

また、相続について相談できる相手を見つけることも必要かと思います。

相続などは一人で抱え込んでしまう方が多く、悩んでも解決策が見出だせない場合は珍しくありません。

できるだけ家族間で話し合うことも必要ですが、話しづらい内容を相談できる相手も見つけましょう。

 

しかし、相続は財産や金銭が絡む問題のため、相談相手が居ない方も少なくはないかと思います。

もし相談できる相手が居ない時は、弁護士に相談してみるのもおすすめです。

相続に強い弁護士も居ますし、各種手続きの代行を行っている場合もあります。

適切なアドバイスも得られますので、遺産相続の対策をするなら弁護士の利用も検討してみましょう。

 

遺産相続は日頃の準備が欠かせませんが、何よりも家族間でコミュニケーションを取り、話し合うことが重要です。

場合によっては遺言書を作成し、更に相談できる相手を見つけることも必要になるでしょう。

相談相手は弁護士が適任ですが、その前に一度家族同士で話し合ってみることをおすすめします。

 

相続に関して、お悩み等ございましたら、相続専門の六法法律事務所までお気軽にご連絡ください。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

六法法律事務所は、弁護士業務と並行して相続税申告、登記移転業務も行いますので、迅速かつ安価で手続きを完結することができます。

 

ぜひお気軽にご相談下さい。